このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー



ドラムステーションカスタムオーダー品が入荷!
Turk Seriesシンバルの裏面にのみゴールド・シリーズと同様の研磨加工を施した”ゴールド・バック・フィニッシュ”採用の特注品です!
スティックが直接当たらない、シンバル裏面にのみ研磨加工を施すことで裏面側が僅かに硬くなり、ダークかつ繊細で表現力豊かな本来のキャラクターを崩すこと無く立ち上がりの反応の速さが向上し、仄かな華やかさとツブの太さを獲得。柔軟ながらコシのあるシンバルサウンドに仕上がりました。
<Turk Series>
ターク・シリーズは、シンバル本来のハンド・ハンマーのみによる製法で、レイジング加工を施さない素材感あふれる独特なサウンドが特長です。雑味のある未制御な倍音を多く含むエキゾチックな音質は、ダークで深い響きを必要とするプレイヤーに支持を得ています。粒のはっきりしたダークで神秘的なサウンドは、独特なヴィジュアルと相まってオリジナリティあふれるサウンド作りが楽しめます。
<Fx18 Crash Cymbal 18”>
18箇所ものホールにより、軽快でシャープなホワイトノイズを発揮。立ち上がりと減衰が早くキレのあるトラッシュサウンドが印象的です。
サイズ:18インチ
※製造の都合上、ホール付近に細かなキズが発生する場合がございますが、商品不良ではございません。予めご了承ください。
ボスフォラス・シンバル社は、Hasan Seker(ハサン・セケル)、 Ibrahim Yakici(イブラヒム・ヤキジ)、Hasan Ozdemir(ハサン・オズデミール) という3人のシンバル職人よって1996年に設立されました。3人はトルコにおいて最も経験豊富な現役のシンバル職人であり「巨匠」と呼ばれています。
ボスフォラス社の創設者である三人の職人たちは仲の良い幼馴染で、かなり若い時期にシンバル職人となり、シンバル製作のあらゆる過程をじっくり修行し技術を習得していきました。彼らの師匠は60年代、70年代に伝説となったシンバルを作った巨匠たちであり伝統的な製法を学びました。
その工房で16年間働いた後、三人は自分たちの会社を設立しましたが、現在も彼らは昔の従業員たちと良い関係を維持しているとともに、今日に至るまでシンバル製作を学んだ恩師への敬意を持ち続けながら、シンバル製作に取り組んでいます。ボスフォラス・シンバル社は現在16人のシンバル職人を擁し、そのうちの8人は修行中の職人です。
三人のシンバルマスターは、30年近い経験を基に弟子たちへ完璧なシンバルを生み出す為の手助けをしながら共に工房で手作り仕事を続けているのです。機械製造が当たり前になっている現代社会において、未だに職人の腕による繊細で質の高い伝統的な製法にこだわり続けているハンドクラフトの逸品をご堪能下さい。
■Bosphorus シンバル TOP→→

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

Signature Series/メル・ルイス シリーズ Mel Lewis Ride / ライドシンバル 21" Istanbul agop / イスタンブール・アゴップ シンバル

大きな割引 Crash Fx18 Series Turk Bosphorus Cymbal Finish]【ドラムステーション・カスタムオーダー!】 Back [Gold 18”-その他

大きな割引 Crash Fx18 Series Turk Bosphorus Cymbal Finish]【ドラムステーション・カスタムオーダー!】 Back [Gold 18”-その他


大きな割引 Crash Fx18 Series Turk Bosphorus Cymbal Finish]【ドラムステーション・カスタムオーダー!】 Back [Gold 18”-その他


大きな割引 Crash Fx18 Series Turk Bosphorus Cymbal Finish]【ドラムステーション・カスタムオーダー!】 Back [Gold 18”-その他



大きな割引 Crash Fx18 Series Turk Bosphorus Cymbal Finish]【ドラムステーション・カスタムオーダー!】 Back [Gold 18”-その他