完成品 ※本日迄!【ひなや】特選手組織袋帯【仕・新古品】「綾格子文様」※ガード加工済み≪組帯が綾なす、美しき組織美。≫-帯

完成品 ※本日迄!【ひなや】特選手組織袋帯【仕・新古品】「綾格子文様」※ガード加工済み≪組帯が綾なす、美しき組織美。≫-帯


■お仕立て上がり・新古品
絹100%(金属糸風繊維以外)
長さ約4.45m
太鼓柄
証紙なし
※ガード加工済み
◆最適な着用時期 袷(10月~翌年5月)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン カジュアルパーティー、音楽鑑賞、観劇、お食事会、街着、ランチなど

◆あわせる着物 付下げ、色無地、小紋、織のお着物など






組帯で高名な伊豆蔵明彦氏率いるひなや工房謹製ということで仕入れて参りました。
証紙はございませんが、少し組織に詳しいお方でしたら
すぐにご判断いただけることでしょう。

大変お値打ちのこの機会を、どうかお見逃しなくお願いいたします!


■未着用の新古品として仕入れてまいりましたので美品でございます。お目に留まりましたらお値打ちに御召しくださいませ。


正倉院御物に残る束帯(聖徳太子が刀をさげている紐)の組みひもの組織に見せられ、長年の研究、試行錯誤の結果7~8cm幅までしか組めなかった組み紐を帯幅まで広げることに成功した氏は、現在ではタペストリーや段通まで組み上げ、その作品は日本国内だけでなく海外でも高い評価をうけています。

単純なバイアスの無地のものでも、帯幅まで組むのに300以上の玉数が必要で、柄や組織によっては2400玉や9600玉など気の遠くなる玉の動きが必要となります。

この技法とは布の三要素である、織る、組む、編むを自由に組み合わせる事が出来、その複雑な糸の流れにより美しい柄行が表現されるものです。

柔らかくしなやかな帯地。
深緑色を基調に金や葡萄、芥子色などを用いて縞模様が配され、
お太鼓には組織にて綾なされた格子の意匠が織りだされました。

統一された落ち着いた色調、主張しすぎない金糸が、
品のよいしゃれ味を演出しております。
これぞひなやの組帯。そう教えてくれる一条に出会えました。
まさにお洒落着物ファンにお薦めしたい仕上がりとなっております。

単純な経糸と緯糸の組織にはない美しい組織美。

もちろん小紋、高級紬などとのコーディネートでお楽しみいただけます。

現品限り、特別出品の逸品です。
どなたが見ても一目で良きものとおわかりいただける秀作の組織美で、
一味違った味わい深い後姿をご堪能くださいませ。
どうぞお見逃しなくお願いいたします。

※仕立て上がった状態で保管されておりましたので、折りたたみシワがついていることがございます。この点をご了解くださいませ。
[6G235019]-[TP:宮崎]-[PS:宮崎]-[CH:田中郷]-[文責:永田]-[0720018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ